松江生協病院について

一人ひとりの人権を大切に、安全・安心・満足の医療を。心の通う地域医療を念頭に、地域に根差した総合病院を目指します。

TOP > 松江生協病院について > DPCデータによる病院指標

DPCデータによる病院指標

平成28年度 松江生協病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 41 72 65 138 205 566 653 957 468
一般病棟に入院した患者さまの年齢階級ごとの人数です。
高齢化に伴い、70歳以上の患者さまの割合は65.6%となっており、年々増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 109 3.74 3.06 0.00% 73.31
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 105 12.40 5.51 0.00% 68.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 35.84 21.25 2.67% 86.09
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 10.84 4.71 0.00% 74.57
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 46.63 17.95 2.08% 87.40
診療科:循環器科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

狭心症、不整脈、心不全の症例が上位をしめています。当院では、肺炎や脱水症例の割合が高く内科系の診療科で分担して受入れを行っています。その為、循環器科における誤嚥性肺炎の症例も多くなっています。
近年、生活習慣より起因する狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞など動脈硬化性疾患が増加しています。これらの予防するために高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病への診療をおこなっています。そして動脈硬化性疾患の進行のために心臓などの臓器障害を来たした場合には必要に応じてカテーテル治療などすすめています。高齢化に伴い、疾患が複雑化し、多疾患の合併症が多くなっています。これらに対し、総合的な診療を行い、急性期から慢性期の入院療養に対応できるよう、診療・病棟編成を行っております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 20.97 11.06 0.00% 76.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 27.57 21.25 0.00% 85.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 41 29.85 12.43 2.44% 76.15
100380xxxxxxxx 体液量減少症 19 25.95 9.33 0.00% 86.95
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 16 12.50 7.89 0.00% 71.56  
診療科:消化器科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

消化器科では、総胆管結石性胆管炎といった胆道疾患や胃癌、ポリープに対する内視鏡的治療に力を入れております。
当院では、肺炎や脱水症例の割合が高く内科系の診療科で分担して受入れを行っています。その為、消化器科における誤嚥性肺炎や脱水の症例も多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 7.24 9.08 0.00% 74.38
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 18 3.11 4.48 0.00% 69.22
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 6.39 7.20 0.00% 76.11
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 17 6.76 6.55 0.00% 42.00
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 16 8.13 5.85 0.00% 67.50
診療科:外科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

外科は、現在5名のスタッフで医療活動を展開しています。
胃・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓・肛門などの消化器領域を中心に、乳腺・内分泌疾患、血管、呼吸器疾患など幅広い領域を診察しています。
またこの地域ではじめて生体腎移植、腹腔鏡下胆嚢摘出術および単孔式腹腔鏡手術の施行、痔核手術にPPH、ALTA療法を導入するなどパイオニア精神も忘れず研鑽を積んでいます。
悪性疾患の治療では個々の患者様の病状・全身状態を考慮し、癌の根治性と手術の安全性を多方面より検討し治療方針を決定しています。腹腔鏡下手術も積極的に導入し、術後の痛みや苦痛を軽減し早期回復への配慮も怠りません。また患者様とのコミュニケーションも大切にし、なんでも相談に乗れるような「かかりつけ医」になれるように努力しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 55 39.53 20.57 3.64% 86.58
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 32 49.00 27.63 6.25% 88.09
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 29 45.34 20.64 0.00% 85.59
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 21 16.90 11.91 4.76% 27.29
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 18 8.89 5.49 0.00% 63.44
診療科:整形外科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

当院の特徴として大腿骨近位部骨折(大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折など大腿骨の付け根の骨折)の患者様が多いため、力を入れています。これらの骨折は高齢者に多く、発症すると痛みのため動けなくなり食事もとれず体力がどんどん消耗されます。手術をしない限りは車イスや寝たきりの生活になる可能性が高くなります。そのためできるだけ早期に手術を行っています。可能であれば受診当日に手術を行うこともあり、翌日から歩行訓練などのリハビリテーションを進めるようにしています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 17 36.47 20.18 0.00% 82.29  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 36.75 16.54 0.00% 72.83
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18.71
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 7.12
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13.92
診療科:神経内科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

当院では脳梗塞の患者様に対し、リハビリテーション科とも連携を行い、急性期の加療から回復期のリハビリを含めた一連の加療を行っております。急に片側の手足が動かない、言葉がしゃべりにくくなったなどの症状があれば脳梗塞の可能性も考えられます。脳梗塞は速やかな治療が必要な疾患です。一時的に症状が出現したあとによくなったとしても、脳梗塞の前触れの可能性もございます。ご自宅で様子を見ずにすぐにご相談下さい。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 25 16.76 9.98 0.00% 77.00
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 20 63.35 5.83 0.00% 65.05
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 5.28 7.44 0.00% 74.67
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 10 16.20 12.43 10.00% 79.60
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 15.07
診療科:泌尿器科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

当科では積極的に新しい治療も導入しており、当院でできない治療はできる施設と連携をとって患者さまのためになる治療を心がけております。 積極的に行っている治療としては、より合併症の少ない女性の尿失禁手術や島根県内でもいち早く行っている新しい前立腺肥大症の手術などです。
もちろん癌の治療も行っております。男性の不妊症についても近隣の施設と連携をとり積極的な治療を行っています。
また当科外来には患者さまの(泌尿器科的な)情報入手に役立つスタッフによる掲示物もありますので、気になることがございましたらぜひ当院へ受診してみて下さい。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 28.71 21.25 0.00% 81.06
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 10 23.20 12.43 10.00% 66.40
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12.84
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.33
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 19.24
診療科:内科(腎・透析科含む)の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

高齢者中心に肺炎(誤嚥性肺炎)、尿路感染症の患者の受け入れを積極的に行っています。在宅施設から入院される方も多くなっています。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 10 6.40 6.59 0.00% 46.50
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 11.57
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 10.30
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97
090010xx97x7xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 7あり 30.24
診療科:乳腺科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 6.95 5.85 0.00% 77.82  
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 12.46
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし 2.60
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし 12.65
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 10.87
診療科:放射線科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
※一般病棟に入院した患者さまについて、上位5疾患(治療)を見た指標。 急性期の治療を終え、慢性期・療養病棟へ転棟した患者の治療日数を含む。

当院にかかりつけの方に限らず、他院、他施設に入院、入居中の方にも対応できるよう積極的に当院の治療のご案内を行っています。また院内にフットケアチームを立ち上げ、治療効果を高めております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 16 11 10 1 7
大腸癌 13 27 20 30 1 7,6
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。
はじめての治療(初発)時の癌の進行度(Stage:ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計しております。
退院の時点で組織検査の結果が確定していない場合は「不明」として計上しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 56 16.55 79.29
重症 22 23.14 85.18
超重症
不明
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)や誤嚥性肺炎は含まれません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 72 64.67 79.29 1.18%
その他 13 62.15 79.23 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院では脳梗塞による入院患者数が最も多く、平均年齢は79歳となっております。
入院期間で治療とリハビリを行い、約9割の方が自宅もしくは施設へ退院されています。
※継続リハビリが必要な患者様には院内の回復期リハビリテーション病棟にて、集中的なリハビリテーションを実施しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 1.14 22.71 0.00% 77.02
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 48 1.56 1.52 0.00% 71.88
K654 内視鏡的消化管止血術 22 3.77 25.45 4.55% 76.50
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 17 1.88 14.29 0.00% 78.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 45.88 82.06 0.00% 85.13
内視鏡的胆道ステント留置術は悪性腫瘍疾患に対する金属ステントや胆管結石症に対するチューブステントを留置する手術です。これらの手術は基礎疾患を有する症例に行うため複数回の処置を要し、術後日数が長くなる傾向にあります。大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例数は、ポリペクトミー目的の2泊3日入院が典型的な症例です。経口摂取が困難となった患者様に対して行う胃瘻造設術については、胃瘻造設を目的に入院される方、他の疾患で入院中に、患者様の状態や退院後のケア等を検討した上での実施等、様々なケースがあり、術前の日数が長くなる傾向にあります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 102 6.54 8.93 0.00% 71.34
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 45 2.69 17.78 0.00% 74.29
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 18 0.22 33.11 0.00% 77.61
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 18 1.33 52.06 5.56% 79.78
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 17 1.00 2.06 0.00% 57.47
心臓カテーテル検査・治療を2000年初めより開始し、現在では心臓カテーテル検査を年間約700例、カテーテル治療を年間約 200例以上施行しております。また、近年は不整脈治療のためのカテーテルアブレーション、下肢の閉塞性動脈硬化症への治療(風船・ステント治療)も展開しています。2016年より、心房細動に対する冷凍凝固バルーン法によるアブレーション術も開始しています。高齢者の方でも安心して検査・治療を受けられるよう努めております。例えば当院のカテーテル検査は手首の動脈(橈骨)を中心に行っています。これにより安静時間の短縮など検査後の負担軽減につながります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 39 0.00 1.03 0.00% 61.15
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 17 1.12 4.12 0.00% 70.59
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 3.00 6.94 0.00% 57.88
K7461 痔瘻根治手術(単純) 13 0.85 4.08 0.00% 39.69
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 12 0.25 7.25 0.00% 70.75  
「痛い病気を痛みなく治す。」ことを念頭に、内痔核に対してはALTA療法、PPHを標準術式としています。またその他にも裂肛・痔瘻・便失禁なども治療しています。早期胃癌に対しては腹腔鏡下手術を標準術式としています。まだ一般的には普及されていない腹腔鏡下胃全摘術も標準治療として行っています。
胆石症・急性虫垂炎に対しては単孔式腹腔鏡手術を導入し、大腸癌に対しては症例を進行癌にも拡大して腹腔鏡手術を施行しています。がん化学療法においても複数の認定医が在籍し、updateな治療が受けれるシステムを整備しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 等 38 2.08 42.76 0.00% 78.61  
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 38 3.18 42.63 0.00% 82.16
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 等 36 2.64 25.67 0.00% 68.78  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 13 4.77 51.15 15.38% 79.23
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 13 1.00 19.15 7.69% 27.85
手術が必要な患者様に対して、上記手術を行っています。高齢の患者の転倒による受傷も多くなっています。手術後の継続リハビリは、院内にある回復期リハビリテーション病床で実施している為、術後日数が長くなる傾向にあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 24 5.83 10.29 0.00% 76.79
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 20 39.60 22.75 0.00% 65.05
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 18 0.17 4.11 0.00% 74.67
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 等
前立腺肥大症の前立腺をくり抜く手術は全国的に拡がりつつある手術方法です。当院で行っている手術も同様のくり抜く手術で、電気メスを使用し行っております。手術中の出血も少なく、再発の少ない手術方法です。又、レーザーを使用した腎結石・尿管結石の手術についても常時対応しております。
何れの手術も、経験豊富な医師が担当させて頂きます
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 29 1.34 9.03 6.90% 78.31
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
K142-4 経皮的椎体形成術
閉塞性動脈硬化症の患者に対し、血管拡張術、血栓除去術、血管塞栓術を積極的に行っている
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 1.00 4.40 0.00% 46.50
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満)
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 83.10 72.90 0.00% 84.50
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)
K664-2 経皮経食道胃管挿入術(PTEG)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
上記手術については、他科の医師による手術ですが、神経内科入院時に行ったものが計上されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 16 0.51%
異なる 21 0.66%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.60%
異なる
重篤な感染症や、手術・処置の合併症などの症例数・発生率を示したものです。
手術後に、血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固症候群がおこることがあります。また、様々な感染症などから血液中に病原菌が入り敗血症になり、これが原因で播種性血管内凝固症候群がおこることもあります。
手術・処置等の合併症については、病名の診断群分類がこれに該当することを示し、実際に当院で手術や処置後に合併症が起きた症例ではありません。これに該当する当院の症例には、透析のシャント閉塞が多くあります。

>>平成27年度病院指標はこちらをご覧ください


松江生協病院について

研修医・医学生情報サイト

採用情報サイト

松江生協病院 外来診療時間・休診のお知らせ

松江生協病院へのお問い合わせ
〒690-8522 島根県松江市西津田8丁目8-8
0852-23-1111

日本医療機能評価機構認定病院

医療情報サービス

松江生協歯科クリニック

生協東出雲診療所(内科・整形外科・眼科)