先輩の体験談

先輩の体験談

実習参加者の声

初期研修で学んだこと

久野遥加医師(2012年島根大学卒)

高校時代に体験した現場で、今、医師として人のために働けるやりがい
松江生協病院との出会いは実は私がまだ高校生の時で、「高校生向け医師体験」に参加したのが始まりでした。
当時から、常勤の先生方の活き活きと働く姿を見て、「自分もこうなりたい」と思っていました。
大学時代の臨床実習や病院見学で県内の病院をいろいろまわったのですが、その際もやはり、患者さんの疾患だけでなく、社会的背景なども含めて全体を見られる場だと感じ、最終的にこの病院に決めました。
研修先選びでは、どうしても知名度や症例数などに視点が行きがちですが、実際にはそこで働く先生方の、患者さんと向き合う姿勢が一番大事だと私は思います。 そして自分が医師になった際も、真摯に向き合う姿勢を忘れてはいけないと思います。

今後の抱負

将来は、医療で身体を治し、絵で心を癒す医師になりたいと思っています。
「患者は、臓器で出来ているんじゃない。一人の人間として診て欲しい。」これは、学生時代の病院実習で出逢った患者さんに教えてもらった言葉です。この言葉を心に留め、患者さんの全身に耳を傾けあたたかい医療を行いたいと思います。

学生の皆さんへ

学外の様々な勉強会での経験が、医師としての大きな武器に
私は高校時代もそうですが、大学時代も英語での身体診察のワークショップや、国際協力の学生向けセミナーなど、いろいろな学内外の勉強会に参加していました。
その中で習得したコミュニケーション能力が、今すごく活かされているなと感じています。
病院で働くということは、医師同士はもちろん、看護師さんや栄養士さん、リハビリの技師さんなど、いろいろな職域の方との連携が大きなカギになるからです。
患者さんにとって一番いい医療を考える上でも、できるだけいろいろな人と意見を交換し、アドバイスをもらえるということは、すごく有意義だと思います。
だから学生の方には、ぜひ今のうちにいろいろな経験をしてみて欲しいですね。直接医療に関係ないことでも、必ず将来自分の強みになると思います。


松江生協病院 医師・研修医・医学生情報サイト
  • HOME
  • 医師募集要項
  • 初期研修医募集要項
  • 後期研修医募集要項
  • カンファレンスの開催について
  • 研修医紹介
    • 研修医の一日
  • 先輩の体験談
  • 鈴木健太郎医師
  • 村中雅子医師
  • 下条芳秀医師
  • 平林政人医師
  • 久野遥加医師
  • 小林郁夫医師
  • 医学生実習について
    • 自分でつくる実習・見学体験
    • 実習参加者の声
  • 病院群臨床研修プログラム
  • お問い合わせフォーム

総合病院 松江生協病院