先輩の体験談

先輩の体験談

実習参加者の声

初期研修で学んだこと

鈴木健太郎医師(2004年鳥取大学卒)

私は初期臨床研修制度が始まって、その第一期の研修医でした。当時は内科、外科、救急・麻酔、精神科、産婦・小児科など「頑固にローテート」しておりました。加えて整形外科も研修しました。新制度の開始当時は、臓器別専門医からは「何の役に立つのか?」と疑問の声もありましたが、松江生協病院では新制度以前から行ってきた研修スタイルであったため、比較的スムーズでした。生協病院では、内科系疾患を効率よく沢山経験できたことが良かったと考えます。また、自分が内科系医師を目指しているということを前提に外科系医師らからのニードアプローチの研修を組み立ててもらえました。例えば「女性の腹痛、妊婦の腹痛」、「救急外来での骨折診断」など、今でも役立つような臨床テーマで学ぶことができました。おかげで、私たちの初期研修医世代からは、救外外来での初療、コンサルトのスキルが一味違うと実感しています。

近年は自由選択枠が増え、自らの目指す専門領域の「先取り」研修にあてることもできます。数か月ごとの「渡り鳥」の研修医にとっては、そのスタイルもモチベーション維持には必要な側面もあります。それはそれとして、スキルアップはあせらず、じっくり今しかできない研修を組み立てることも大切にしてほしいと考えます。

研修詳細は、当時雑誌に寄稿していた「研修医日記」をご参照、ご笑味くださいましたら喜びます。


松江生協病院 医師・研修医・医学生情報サイト
  • HOME
  • 医師募集要項
  • 初期研修医募集要項
  • 後期研修医募集要項
  • カンファレンスの開催について
  • 研修医紹介
    • 研修医の一日
  • 先輩の体験談
  • 鈴木健太郎医師
  • 村中雅子医師
  • 下条芳秀医師
  • 平林政人医師
  • 久野遥加医師
  • 小林郁夫医師
  • 医学生実習について
    • 自分でつくる実習・見学体験
    • 実習参加者の声
  • 病院群臨床研修プログラム
  • お問い合わせフォーム

総合病院 松江生協病院