関節リウマチ診療について

松江生協病院からのお知らせ

TOP > 関節リウマチ診療について

関節リウマチ診療について

関節リウマチ診療について

~近年劇的な変化をとげた関節リウマチ診療~

関節リウマチとはどんな病気?

 関節リウマチという病気は、発症したら一生治らない、手足の指がどんどん変形する、日常生活が制限され寝たきりになるなどかなり悪いイメージではないでしょうか。関節リウマチは手指をはじめとした全身の関節に炎症が生じる病気であり自己免疫疾患のうちの一つです。従来から様々な治療が行われてきましたが治療効果が十分ではなく関節の破壊が進行し変形することにより多くの方の日常生活が制限されていました。

2003年より治療新時代へ

 1999年にメトトレキサート(商品名リウマトレックス)が発売されてから大きく治療が動き始めました。従来の抗リウマチ薬と比べて非常に効果の高い薬剤であり現在では要の薬(アンカードラッグ)となっています。ただそれでも症状の進行を止められない例があり、2003年に生物学的製剤(分子標的薬)と呼ばれる薬剤が発売されいよいよ次の時代に突入しました。

生物学的製剤について

 関節リウマチは免疫応答の異常により炎症が惹起されます。そのカギとなる物質がサイトカインと呼ばれるもので、免疫担当細胞から分泌され局所および全身の炎症反応を制御する重要な働きがあります。そのサイトカインの活性を抑え炎症を鎮めるよう開発されたのが生物学的製剤です。点滴注射と皮下注射の製剤があり、現在7種類の薬剤が使用でき数種類の薬剤が開発中です。この薬剤の登場により関節リウマチの治癒も可能かもしれません。ただ使用方法や副作用あるいは金銭的な問題などいろいろと調整が必要な事か多く、患者様とじっくりと相談しながら治療を進める必要があります。

リウマチは寛解、治癒を目指す時代に

 当院では日本リウマチ財団登録医のもと登録リウマチケア看護師4名が患者との間に立って最新の治療をご案内するとともに副作用や療養全般について相談する体制をとっています。この10年間で関節リウマチの治療は劇的に変化しました。より早期に診断し最初から強力な治療をおこない寛解、治癒を目指す時代です。気になる症状のある方はためらわずに受診してください。


リウマチケア看護師からのメッセージ

  •  近年、関節リウマチの治療は発症早期からの積極的な内服治療や生物学的製剤の導入によって、不治の病からコントロールが可能な病気へと変貌しました。治療目標は、「関節破壊の進行を止め、将来にわたって生活の質を良い状態に保つ事」となっています。
     この急激な変化に対応するために医療者は専門的な知識を学んでいかなければなりません。日本リウマチ財団は2010年度から財団登録リウマチケア看護師制度を発足させました。患者様の一番身近である私たち看護師が、病気に関する情報提供、病状の変化や治療薬による副作用の異常の早期発見、長期間の通院・治療による心理的支援や金銭的なことのご相談をお受け出来るためです。
     当院整形外科外来も昨年度新たに2名が挑戦し、現在4名がリウマチケア看護師として業務にあたっています。患者様が安心して治療が受けられ治療目標が達成できるようにお手伝いしたいと思っています。
    お気軽に声をおかけください。

関節リウマチ診療について

研修医・医学生情報サイト

採用情報サイト

松江生協病院 外来診療時間・休診のお知らせ

松江生協病院へのお問い合わせ
〒690-8522 島根県松江市西津田8丁目8-8
0852-23-1111

日本医療機能評価機構認定病院

医療情報サービス

松江生協歯科クリニック

生協東出雲診療所(内科・整形外科・眼科)